2009年01月21日

岡田ジャパン2−1アルナシュイエメン


岡田日本09年初戦を飾る/アジア杯予選(ニッカン)
 日本代表が今年初の公式戦を勝利で飾った。前半7分にFW岡崎慎司(22=清水)が先制。後半2分に一時、同点とされたが、同21分にFW田中達也(26=浦和)が岡崎が頭で落とした球を頭で押し込み、決勝ゴールを奪った。MF中村俊輔(セルティック)遠藤保仁(G大阪)ら主力を欠いたメンバーだったが、若手選手たちが結果を出した。
 アジア杯予選は19チームが5組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で実施。各組の上位2チームが本大会(2011年、カタール)の出場権を得る。日本はイエメン、バーレーン、香港と同組で、28日にはアウェーのバーレーン戦に臨む。

AFCアジアカップ2011カタール 予選Aグループ第1戦@KKWING(日本2−1イエメン)
NHK BS-1の方のTV中継を見てました。
世界ランキングでは日本34位に対し、イエメンは153位。俊輔や遠藤出さなくても楽勝と思ったんでしょうが、なんとか勝ったというような感じでしたね。
地元熊本出身の巻が出てきたときに一番盛り上がったのはお約束として、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(7) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。