2009年02月28日

「さくら」咲く〜とはいっても花のことではないですけど

鉄ブログのウチがこのニュースをスルーしてはいけませんね。
         ↓
山陽新幹線と九州新幹線(新大阪〜鹿児島中央間)を直通運転する新幹線の列車名決定!!
 (JR九州プレスリリース)
新大阪―鹿児島中央、直通新幹線は「さくら」(朝日)
 11年春の九州新幹線全線開業時から九州・山陽区間を直通運転する新型列車の愛称が「さくら」に決まった。公募していたJR九州とJR西日本が26日、応募総数16万8951通から決めたと発表した。
 この日会見したJR九州の石原進社長は、これまで11年春としていた全線開業時期を「3月」と明言した。
 「さくら」の応募は7927通と最多で、ほかには「はやぶさ」「はやと」「さつま」などが候補に挙がった。さくらは05年3月まで長崎―東京間の寝台特急の愛称として使われていた。新幹線に植物の名前が採用されるのは初めて。
 さくらは1編成8両で、鹿児島中央―新大阪間約900キロを約4時間で結ぶ。1時間に1本の予定で、JR九州が10編成、JR西日本が19編成を用意する。山あいの急な坂が多い九州区間を走るために全車両にモーターが付いており、営業速度は最高時速300キロ。現在、博多―新山口間で試験走行をしている。

「つばめ」を継続するのかと思ってたんですが、速さを訴えるのなら「はやぶさ」の方が良かったような気がしないでもないのですけどね。

もっとも、速さを訴える時代でもなくなったんでしょうね。


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 実在の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

山陽・九州新幹線直通列車の名は「さくら」
Excerpt:  2011年春に九州新幹線が全線開通し、新大阪−鹿児島中央間で直通運転を行います
Weblog: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
Tracked: 2009-03-01 07:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。