2006年07月11日

渡部昇一「日本とシナ〜1500年の真実」

渡部昇一「日本とシナ〜1500年の真実」(PHP)
日本とシナ、激動の予感漂うこれからの時代、いかにつきあうべきなのか。長い歴史からあるべき関係を読み解く渾身の論考。必読の一冊。
>「中国」と呼ばず、「シナ」と呼ぶことからはじめましょう。
>「シナ」って「CHINA」の日本語読みです。
>差別表現ではありません。
>むしろ、「中国」という言い方が過大評価というか、へりくだりすぎというか。。。

この本、中国マンセーの人には耐えられんだろうね。

渡部先生とどっちの意見が正しいかは、歴史の証明するところ。。。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20604371

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。