2007年03月22日

川島令三「至高の名列車名路線の旅」


川島令三「至高の名列車名路線の旅」(講談社+α新書)
JRマンも驚嘆!!著者の鉄道愛とウンチク
日本の鉄道名所を歩くシリーズ第2弾!!名列車に乗って名路線を旅する、鉄道ファンにとっては至高の時間である。そんなファンの期待を裏切らない熟考の一冊!!

 ↑
この出版社からの内容紹介の要旨ですが、前段の部分には同意しますが、後半部分は本格的お鉄な人にはどうかな?
やっぱり、この人には技術論というか車両とかダイヤとか知識系を語らせて、旅行記は種村直樹さんの方がいいですね。

出版社HPから内容紹介>
汲めども尽きせぬ!! 鉄道ワールドの夢時間
JRマンも驚嘆!! ディープな鉄道愛とウンチク!!
日本の3大車窓とは?絶対に行ってみたい鉄道名所とは?新線と復活線の極秘情報!!

日本の鉄道3大車窓といえば、肥薩線大畑(おこば)のループ線、篠ノ井線姨捨(おばすて)のスイッチバックと、旧狩勝線の狩勝峠越えだったが、狩勝線は廃止されたので、もう楽しめない。そこで、3大車窓として新しいところを決めたいと思う。よくいわれるのは北陸線の敦賀―新疋田間だが、ここは大畑や姨捨と同じく山間の車窓である。もう1つは違った車窓で、けっこう利用されているところを選びたいものだ。ということで筆者は、海岸沿いを走る津軽海峡線を、新しい3大車窓の1つとして薦めたい。青森を発車して次の油川までは何の変哲もない景色であるが、油川を過ぎると右手に陸奥湾が広がり、その向こうに下北半島が広がっているのが見えてくる。進行方向右斜め向こうの遠くには北海道も眺められ、本州の北端に来たことを感じ取れる。

●必見!JRの美しい車窓ベスト10
●私鉄ロマンスカーの大人の旅情
●切るに切れぬ路線!?「盲腸線」
●往年の名車を訪ねて東奔西走
●フルムーンパスで西日本ぐるり
●鉄道不思議スポットの謎を解く
●トロッコ&SL列車を乗りたおせ
●空港連絡鉄道に見る創意と苦心
●迫る廃線の危機を乗り越えて……
●筆者厳選!至高の名列車名路線
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。