2007年04月30日

酒井順子「女子と鉄道」



酒井順子「女子と鉄道」(光文社)
負け犬の遠吠え』が社会現象となった著者が、女子ならではの鉄道の楽しみを軽快に描く。
寝台さくら、餘部、SL撮影、そして宮脇俊三氏との想い出……。と鉄納得のエッセイもあれば、鉄道「最中」や女性専用車両について考察する、鉄分の低い女子に楽しいエッセイもある1冊で2度以上おいしい本。鉄道旅をしてみたい女子も、自分の「鉄分」が気になる男子も必読!


【書評】
筆者は「負け犬の遠吠え」では、普通の人がそう思ってもなかなか言い出せないことをカミングアウトして、話題になりましたが、今回も「鉄道好き」を公言したことで、鉄子をカミングアウトした人がかなりいたことを、このブログのエントリーを書くに当たって他の人の関連エントリーを見てわかりました。

このブログの一番最初のエントリーが「今日はJR東海371系に乗りました」となっていることやカテゴリー別に見ても鉄道カテゴリーが3番目に多いことからもわかるように、自分もいわゆる鉄ちゃんの一人であるわけです。
でも、「ポロと旅する」というタイトルがついているように、クルマ系もやっているし、青春18切符には関心ないし、全線完全乗車までやる気はないしという感じです。
ということで、多趣味の中のひとつに「鉄道」があるという認識でいいと思います。

まあ、彼女の場合は「旅」の手段としての「鉄道に乗るのが好き」という感じですね。

そういえば、最近鉄道の写真を撮る人を良く見かけるようになったのは、鉄ちゃんが増えたというより、携帯電話にカメラが標準装備されるようになった影響が大きいと思います。
このブログも、野球系ブログも携帯で撮った写真がポイントになってますしね。

本題に戻って、この本で彼女が鉄道好きになったきっかけが、中学のときに父親が買ってきた宮脇俊三さんの「時刻表2万キロ」を読んだことというのは、わかるような気がします。
というのは、自分が勝手に「三大テツ人」と名づける「宮脇俊三」「種村直樹」「川島令三」の中で、非鉄道ファンから受け入れられるのは、

宮脇>種村>川島

の順だと思うからですが、その点でもこの本は鉄道に関心のない人でも抵抗なく読めると思います。

また、彼女(あるいは女性)ながらでの視点がうまく出ているのは、
・新幹線の「顔」に惚れました
・迷いなし!英国の鉄道ファン
・東大〜京大、「鉄道研究会」の旅
・晩婚、少子化と女性専用車両
・東京新名所「鉄道系グルメ」巡り
・女子と夜行の歯がゆい関係−「あさかぜ」と「さくら」
・Suicaペンギン、可愛さの秘密
・痴漢は犯罪。なのになぜ?
・輪を以って尊しとす−山手線
などのコラムですが、これらのそれぞれについてブログ1エントリーが書けるほどの奥の深い内容です。

キリがないので、このエントリーはここで締めますが(^^ゞ


【追記】
mixiにはこんなこと書きました。
   ↓
自分的に「三大鉄(道)人」は、
宮脇俊三、種村直樹、川島令三
だと思ってますが、女子が鉄道入りするのきっかけが川島令三の本というのは、まずありえないと思ってます。
種村直樹さんならどうだろう?
作者の場合は、宮脇俊三さんだから納得。

ちなみに、自分的に女子の「三大鉄子」は、
作者(酒井順子さん)
矢野直美さん
菊池直恵さん
だと思ってます。

そんな視点で読んでみてください。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 16:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

酒井順子『女子と鉄道』(光文社、2006)
Excerpt:  『負け犬の遠吠え』がヒットした酒井順子の鉄道エッセイ。私はこの人の文章を読むのは『週刊文春』の書評ぐらいで、単行本は初めて。  単行本の帯に「茶道、華道、鉄道!」とある。女性故のユニークな鉄道論が読..
Weblog: トラッシュボックス
Tracked: 2007-04-30 22:07

「女子と鉄道」酒井順子
Excerpt: 女子と鉄道 酒井 順子 なんとなく「負け犬の遠吠え」の負け犬って言葉が好きじゃなくて酒井さんのエッセイ読まず嫌いでした。今回手に取ったのは表紙が大好きなMichel Sowaさんの..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-05-01 00:09

「女子と鉄道」(酒井順子/光文社)
Excerpt: キャッチコピーは、 「茶道、華道、鉄道。女子にも乗れる鉄道入門。」 数々の著書の中で、鉄道好きを公言してきた酒井さんの鉄道本。 と言っても、所謂鉄ちゃんと呼ばれる人々とは一線を画す内容。 彼女が愛..
Weblog: 猫空書店
Tracked: 2007-05-26 15:51

ちびまる子ちゃんのことわざ教室 (満点ゲッ
Excerpt: 漫画が読みたい〜!と言い始めた1年の娘のために購入。どうせ読むなら・・。と与えてみましたが大ヒット。放っておいたら何時間でも読み続けています。娘にとっては”ただのおもしろい漫画”なので、知らず知らずの..
Weblog:
Tracked: 2007-10-28 07:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。