2007年12月16日

テリー伊藤+M.L.S.「クルマの税は高すぎる」



テリー伊藤+M.L.S.「クルマの税は高すぎる」(ワック)
 買って税金、持って税金、走って税金、乗らなくても税金…。これじゃあ、まるで合法的なぼったくり。冗談じゃないョ! 車の税金がどれだけ高額なのかを知り、将来もこのままでいいのか、よーく考えるための本。
>さすが、テリー伊藤。
>「クルマにかかる税金は、キャバクラよりぼったくり」とは。。。


目次:
序章 買って税金、持って税金、走って税金、乗らなくても税金
第1章 クルマの税金は九種類もある
第2章 道路特定財源の「暫定増税」はいつまで続く
第3章 国が、道路特定財源を一般財源化しようとしている
第4章 検証「道路特定財源」論VS「一般財源化」論
終章 クルマが大好きだから


第4章の後半の「秘策インターネット税のすすめ」という章。
「インターネット免許制」にはじまり、「インターネット教習所」「インターネット免許税」「1年更新」「通信機重量税」「情報量課税」「電子メール税」「パケット税」の提案。
これをばかげた話というなかれ。こういう類の税金とか規制とかがクルマにかかっているんですよ。。。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 01:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック