2008年05月01日

渡部昇一「知っておくべき 日本人の底力」

渡部昇一「知っておくべき 日本人の底力」(海竜社)
日本人の素晴らしさを子々孫々に伝達することこそがライフワークであると語る渡部昇一先生が、日本の歴史を振り返り、数々の国難を乗り越えた日本人の叡智とエネルギーについて熱く語る、渾身の一冊。
戦後の自虐的教育によって、現在の日本人は、誇るべき史実を「忘れ去った」と言うより、誰も「知らない」時代になってしまった。
自信と誇りを失った日本人が、現代のグローバル社会において、世界の大国を相手にどう立ち向かうべきか。
本書では、歪みのない正しい史実を辿るなかで、日本人のアイデンティティーの根幹と偉大な我が先人たちが、明らかな相貌と先見性を持って、その足跡を残してきたことを確認することができます。
健全な国家観・愛国心を育むために、まずは日本人の素晴らしさを「知る」ことから始めてほしいという著者の熱い思いに触れると、失われた60年がいかに大きかったかを痛感するとともに、日本人であることの誇りを発見し、再認識できる一冊です。

例によって、渡部節炸裂なんですが、自分の国に誇りを持てない大人が、子供に何を教えられるの?(←なんてことまで書いてあった?)という点では同意します。

そういえば、学生時代までは自分も左翼思想というか、国際化=無国籍化と思っていた感があって、国連を超えた世界政府とか妄想してましたね。
 ところが、実際に海外で生活した人の話を聞くと、日本の何たるかを認識していかないと根無し草というか、アイデンティティクライシスに陥るようです。
 ということなので、小学生から英語の勉強をするのは反対!むしろ、きちんと日本語を教えてからにしましょうね。




e-honから
[要旨]
日本人は、世界の師表たるべき民族である。日本人として知っておきたい歴史の真実。誇り高い日本民族の真の強さがここにある。歴史に鍛えられ、磨かれた叡智とエネルギー。
[目次]
プロローグ 日本の「国難」とは何か?
底力1
 日本人のアイデンティティーの核、皇室と神社―世界に稀な二千年変わらない日本の象徴―「不変」のものには、古今東西「普遍」の力がある
底力2
 「WIN‐WIN」関係の最高傑作―対立ではなく融合を生み出した日本人の宗教観―宗教対立という解決不可能な問題を解決した我らが祖先
底力3
 道義・道理を重んじ、守るべきもののために死力を尽くす―国を守り、支えてきた武士道の倫理・道義力―世界史に類を見ない「もののふ」の文化・精神・技能
底力4
 信長・秀吉・家康から学ぶ“人間力の教訓”―天下統一者に培われた日本人の民力・啓蒙度―三者三様の武将出現で、日本人の人生知レベルは上がった
底力5
 日本人は世界に類なき文明を創造し、維持した民族―一国で一つの文明を持つ世界唯一の文明力―文学・軍事・もの作り・自然科学・学問。日本人の真の「強さ」

[出版社商品紹介]
我々の祖先が国難をどのように乗り越えてきたのか。その叡智を知ることで、日本人であることの誇りを再確認。著者渾身の日本人論。
著者紹介 
渡部 昇一 (ワタナベ ショウイチ)       
昭和5年山形県生まれ。昭和30年上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学に留学。ミュンスター大学哲学博士(1958年)、同大学名誉哲学博士(1994年)。専攻は英語学。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。イギリス国学協会会長。日本ビブリオフィル協会会長。第一回正論大賞受賞。現在、幅広い評論活動、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>国際化=無国籍化

それを左翼思想というのは日本ぐらいで、
欧米では新自由主義の一派に加えられると思う。あえて言えば新右翼か。
例えばヨーロッパで見られるのはアメリカの市民権を取っているヨーロッパ人やアジア人のビジネスパーソンやEUの税金を払うのを拒み、モナコやスイスに移住したがる有名人とか。


まあ儲かってて、自分に自身があればナショナリズムに基づくアイデンティティなんかいらないわな〜。

渡部氏の著書がそれなりにまあ固定ファン中心に受けてるのは右翼の側も親米派が威張ってて、で、ヤクザ右翼も風向き不良、もともとの真性右翼が肩身小さくしてる、という混乱状態にあるからなんだろうなあ、と思います。

真性右翼系に入る石原莞爾とか北一輝なんかは今読むと結構「左?」っぽかったりする。渡部氏は内向きで、「俺は悪くなーい、日本も悪くなーい、悪いのはみんな自民党と日教組」みたいな思考のオジサン、オバサンに受けやすいんだと思う。
Posted by runpen walker at 2008年05月03日 16:37
>runpen walkerさん
勉強になるコメントありがとうございます。
Posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 2008年05月04日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。